working-report 2回戦

ゲーム脳はゲーム脳のままで熱を失うだけ

リナリスペクト

皆様こんにちは。コープスパーティーのメインストーリーをクリアしたgentlyです。どれだけ時間の無駄になっても攻略サイトだけは見ない、あれは考える力を奪うネットのゴミだと言い続けて、一切頼ることなくクリア!できれば良かったんですが1か所だけ、それも最後の最後に選択肢が存在しない状況で分岐失敗なのかどうか確認するために、やむを得ず見ました。ただ、攻略サイトの記述はクリアに至る一本道がほとんどで、表現が拙劣で伝わらない部分も多く、心底検証不十分だなと思いましたし、そのおかげでよりよいエンディング、もしかすると全員とはいかずともプラス何人か生還できるルートも存在するのではないか?と無謀な夢を残す結果となりました。ゲームのキャパ的に正規のエンディングを複数用意するなんてあり得ない気がするんだよなぁ。この先は社会人としての遊び時間をどこまで捧げるか決断が求められます。エクストラエピソード山ほどあるしそっちが先かな。ちゃんとサトリナ(以下この呼称は敬称略)が生還できたなら私は満足です。

 

ところでサトリナこと佐藤利奈さんのベストアクトを挙げろと言われたら一晩眠れなくなります。だって世界の大半のアニメオタクは御坂美琴一択じゃないですか。

f:id:working-report2:20220219142741j:plain

右が御坂美琴 左は新井里美さんの怪演光る白井黒子

私も美琴ちゃん好きですよ。コープスパーティーの直美と世以子のコンビはこういう文脈も押さえておくと理解がスムーズです。生還させてあげたかったな。

美琴ちゃん好きだけど、サトリナの演技の集大成は絶対姉キャラです。癒しのオーラ溢れ出る姉。職業姉と言っても過言ではないくらい。よく考えたら美琴ちゃんも「お姉様〜❤︎」て呼ばれてますけど姉キャラではない。

f:id:working-report2:20220219142929j:plain

このデザインは毎度おかしいと思う

中村悠一さんとマフィア梶田さんが自分の記事検証で番組が作れてしまうほどうさんくさいウィキペディアの出演履歴をざっと眺めて、やはり南春香姉様か斑鳩いぶき姉様か千川ちひろさんなんですよね。特にちひろさんはね、アイマスのスターリットシーズンでも大変お世話になってますから。それほどセリフ数多くないのに圧倒的な存在感です。事務員さんで一番好きかもしれない。今まさにね、アイドルたちの成長を促す危険ドラッグぽいタネをリアルマネーで買わないとどうしようもない状況に陥ってるんですけどね。彼女の求めに応じ続けた廃課金戦士達の呪詛の声が懐かしい。アイマスの話は後日詳しく述べます。要約すると、心が折れた。

 

サトリナご本人のツイートによると先月新型コロナウイルスに感染して療養を続け、数日前に報道ステーションのナレーションに復帰したそうです。というかサトリナ報ステのナレーションやってたのか。常時マスクを着用できないお仕事でオミクロン株が蔓延する状況下、万全の対策が取りづらいのでしょう。そういえばコープスパーティーで相方だった下野紘さんもついこないだ復帰したそうですね。かんなぎの仁くんとみつどもえの矢部先生のイメージが強すぎて、奥様とお子さんまでいらっしゃるのにいまだに童貞のイメージが抜けないのは本当に失礼なことだと反省しております。

 

さて、敬愛してやまないサトリナの私的ベストアクトは一晩眠らずに考えた結果、僕らはみんな河合荘の錦野麻弓さんに決まりました。姉キャラというよりお姉さんキャラ。何がちゃうねん。

f:id:working-report2:20220219143252j:plain

当然ブルーレイ持ってます この子は麻弓さんじゃないよ

僕らはみんな河合荘は高校生の男女が下宿先で知り合って最終的にどうにかなるまでを周囲の下宿人が冷やかし半分下ネタ半分で見守り応援するハートフルストーリーです。麻弓さんはそんな下宿人のひとりで、メガネが似合うお酒大好きな超絶美女であり、カップルと名のつく者達に呪いをもたらす強力な魔女です。エクセレントなビジュアルを的確にお伝えする合法的な素材が私の手元にないのでご興味に応じて検索してください。とりあえずここにはブルーレイ収納ボックスに描かれた戯画的な麻弓さんを載せておきます。

f:id:working-report2:20220219143357j:plain

白雪姫の魔女ではなく白雪姫が魔女

花澤香菜さん演じるヒロインの河合律ちゃんは気難しい子です。めっちゃ可愛いけど。ショートボブが最も似合う女の子だと今でも思ってます。

f:id:working-report2:20220219143504j:plain

アアッモウッ!可愛すぎるよ律ちゃん!

f:id:working-report2:20220219143228j:plain

どの律ちゃんが好きかな?どれも好きだな!

こんな子が男子高校生と無自覚に、これみよがしに、彼氏と別れたてでアラサーの麻弓さんの目の前でイチャコラするんだぜ?そりゃ呪わしいですよね。きつい酒でも呷らないとやってられない。わかりますよ。私がお相手しましょう。まどかのお母さんも言ってました。大人は誰だって辛いのさ。だから酒飲んでいいことになってんの。

 

麻弓さんは一途で真面目な子なのに、交際相手ガチャを外し続けるだめんず・うぉ〜か〜です。私の浅い浅い経験上、一途な子は何かと行動が早くて前のめりになりがちです。麻弓さんが引いてくるハズレ彼氏は彼女の圧倒的ビジュアルに惹かれて交際を始めてみるものの、遊びたい盛りに結婚とか将来とか重たい話を向けられるのが嫌なんだろうと思います。年齢的な事情から押し寄せてくる焦燥感と切迫感が加わると尚更です。そして麻弓さんは何度も恋をし続けるうちに、おぼこい高校生の男女に呪いを振り撒く存在となっていくのです。

ただ、彼女は決して傷ついてないわけじゃないんですね。想いがどうして報われないのか、人目も憚らずわんわん泣くシーンはもらい泣きしました。嘘つきました、あまりにも自由過ぎて腹抱えて笑いました。大家さんが作ってくれた親子丼をすんすんしながら食べるうちに笑顔になっていくさまを男たちが見たらきっと惚れるに違いない。めちゃくちゃ可愛いんですもの。もっとも、原作を読み進めるとだんだんそういう気持ちからも縁遠くなっていくんですけどね。

想像してみてください。あなたは実家から離れた高校に通うため親元を離れた学生です。下宿に帰ると、夕方から酔いどれでほぼ半裸のすごい美人さんに体を密着されて、熱いそして酒臭い吐息をかけられて、しなだれかかるように、しなやかな体捌きで、プロレス技をかけられました。可愛いとか好きとか以前にどうにかなってしまう。

追記:その後のレビューでアニメ9話の屋根に上って歌う前後の麻弓さんの荒れ方が抱腹絶倒ものでした。サトリナ凄いな。8年前に何度も見てるはずなのにこのシーンをすっかり忘れてた。

そんな麻弓さんの感情の振幅を、コミカルかつリリカルに演じるサトリナが好きなんだなぁ。美琴ちゃんよりもサトリナの面白い演技を全開で見られます。未成年の男子にはまだ分からないかもだけど、麻弓さんみたいな女性は貴重ですよ。アラフォー前後にこの作品と出会って思い返すことがたくさんありますもの。だから交際中の彼女は大切にしてあげてね。私みたいに彼女との夕食の約束をちょっとしんどいからとか言ってすっぽかしてこないだ閉店したバーに入り浸るようなことはしちゃだめだよ。まぁどこかのタイミングであそこはバーじゃなくなちゃったけれども。今その話はいいや。思うところ色々あるけど今はいいや。いずれ書くからな。

 

宮原るり先生の描く女の子は隠しきれない艶?色気?がだだ洩れています。ネット上の果てしなく名無しに近い存在の何者かが「いかにも少年誌に出てきそうな女子を女性漫画家っぽく描く」と言ってましたが大体その通りというか宮原先生女性だろ。同じく宮原先生原作の恋愛ラボは原作絵とアニメ絵の乖離がすごくてですね、

f:id:working-report2:20220219144503j:plain

ぬーさんは八重歯キャラ多いな

ボーイッシュな倉橋莉子ちゃんもこの通り。少年のかけらも感じさせない美少女です。演じているのは沼倉愛美さんです。きのう食器洗いながらwhat you want聞いてたら大人の響ちゃんが歌ってる幻覚を見ました。誰か大人でカッコいい響ちゃん描いてるだろうなーと思って「我那覇響 成人」で画像検索したらもうやっぱりそっちかよな結果でした。ハァいやだいやだ、オタク同人ってどうしていつもこうなのかしら。

 

このような次第で僕らはみんな河合荘はおすすめのアニメです。サトリナに焦点を絞った都合上他の同居人の話をほとんどしませんでしたが、金元寿子さんの演じる田舎から出て来た女子大生の爆笑必至エピソードと、毎回麻弓さんから被虐的なご褒美を与えられる何者かわからない青年を演じる四宮豪さんの変に明るい演技も堪能できます。外注背景のパースの間尺をもう少しなんとかして欲しかった気がするけれど。いつも玄関が広いなぁ、広すぎるなぁと思うんだなぁ。

f:id:working-report2:20220219144643j:plain

明日は未開封の続きを読もう